美白 シミ 予防

シミが出来るメカニズム

紫外線が表皮細胞に当たり、エンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。
⇒ エンドセリンがメラノサイトに伝えられて、メラノサイトの中でメラニン色素が作られます。
⇒ メラニン色素がメラノサイトから分泌されます。
⇒ メラニン色素が過剰に生産されたり、皮膚に残ったりするとシミになります。

*メラニン色素は基底細胞を紫外線のダメージから守り、新しい細胞の生成を正常に保つ働きをしています。ターンオーバーが正常に行われているうちは、古い角質とともにメラニンも剥がれ落ちるので、シミにはなりません。

 

*フリーラジカルで過剰にメラニン色素が作られると、はがれ落ちるよりも、残るほうが多くなり、シミとして肌残ります。

 

*美白成分はそれぞれ、このメラニン色素が作られる工程のどこかの部分を減らすように働きます。

シミの種類とケアの仕方

シミにはいくつかの種類があり、それぞれケアの仕方が違うので自分のシミがどの種類なのか、知ることが大切です。

 

老人性色素斑
たいていのシミはこれです。長い間紫外線を浴びて蓄積されたダメージが原因でできます。ほお骨の部分にできるので、肝斑と間違いやすい用です。だんだん濃くなり、大きくなったりイボのように盛り上がる場合もあります。

 

薄いうちなら美白化粧品やピーリングが有効ですが、濃く輪郭がはっきりしてきたらレーザー治療です。

 

 

脂漏性角化症
老人性色素斑が定着して、もりあがってきたもので、表面がポツポツしています。手の甲の茶色のシミがたいていこれです。

 

皮膚の構造自体が変化しているので、レーザー治療、凍結療法(液体窒素で凍結させる)で消せることもあります。

 

 

雀卵斑(ソバカス)
厳密には遺伝的なものです。10代のころから鼻の周りに参画や四角の小さな茶色のシミが散らばったようにできます。

 

レーザー治療できれいにとれますが、再発する場合もあります。

 

炎症性色素沈着
ニキビや傷などの炎症が肌のおこり、その後が茶色のシミになったものです。時間が経つと消えるものもありますが、2,3年かかる場合もあります。また、化粧水等をコットンであたいたり、こすったりすることを長い間していると、できる場合もあります。

 

ピーリング、美白化粧品が有効です。

 

肝斑
女性ホルモンのバランスの乱れでできます。妊娠中、ピルの服用、更年期等でよく現れます。刷毛で塗ったような大きなシミです。

 

トラネキサム酸の服用が効果がある場合もあります。ビーリング、美白化粧品も効果があります。

 

花弁状色素斑
急に日焼けしたあとに方から背中にかけてできます。一つ一つが小さくて、花びらのような形をしています。日焼け後、数年たってからできる場合もあります。

 

レーザー治療が良いです。

美白成分とスキンケア

シミの予防とできてしまったシミのケア、両方をすることが美白のためのスキンケアとなります。できるだけ紫外線を浴びないように工夫すること、UVケアが大切です。

 

できてしまったシミは、過剰なメラニンの生成を抑えることと、ターンオーバーを正常に戻すことがポイントです。そのためには、生活習慣を見なおしたり、食生活の改善、などいろいろな方法がありますが、美白化粧品も必要な場所に必要なものを使って若返りの効果を得ることができます。

 

メラニンの生成を抑えるにはビタミンC,ハイドロキノン等、ターンオーバーの正常化にはビタミンA,C、アミノ酸等が有効です。

 

美白に有効な成分
ビタミンC、アルブチン、こうじ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET,トラネキサム酸、4MSK,マグノリグナン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、シムホワイト377等があります。

 

化粧品は全成分表示がされていますので、これらの美白成分が配合されているかどうか、チェックしてみると良いでしょう。ちなみに配合量の多い順番に表示されています。

 

⇒ さらに美白化粧品についてもっと詳しく読む