美白成分 美白化粧品

美肌成分No.1 ビタミン

抗酸化物質のビタミンCは美白成分として、メラニン色素が作られるのをブロックしたり、メラニン色素を薄くする還元作用の他にも、フリーラジカルの除去、コラーゲンの生成に関わったり、皮脂を抑える、ニキビ跡を薄くする、毛穴のたるみを改善等等、万能の美肌成分です。

 

ビタミンCをサプリメント等で摂っても、身体のいろいろなところに使われるので、肌の中では有効な濃度には達しないようです。また、天然のビタミンC比べて、ビタミンC サプリメントは吸収率があまりよくないようです。

 

ビーグレンの浸透する美白ケアで若返り

 

ビタミンCは抗酸化作用で、紫外線で発生したフリーラジカルを除去し、肌を守る働きをするので、ビタミンCを摂ることはシミの予防に効果があります。野菜やお茶、大豆等で普段から摂るようにしましょう。

 

ビタミンCは大変壊れやすく、また、そのままでは真皮に到達できないので、改善して浸透しやすくしたのが ビタミンC誘導体です。しかし、ビタミンCの含有量は極僅かなので、効果はさほど高くありません。

 

ビーグレンのCセラムは、医療分野の浸透テクノロジーを用いて、ビタミンCを安定して肌の奥にとどける、ビタミンC美容液です。

 

始めて手にとった時は、オリーブオイルのような感触なので、少し違和感があるかもしれませんが、すぐに肌に馴染み浸透するので気になりません。

シミの予防と改善

 

できてしまったシミに ハイドロキノンの効果
ハイドロキノンは皮膚への刺激性がある、ということで2001年の規制緩和まで、日本では使用を禁止されていました。現在では、シミを消す代表的な成分として、配合されています。

 

濃度が高いと肌への刺激が強いので注意が必要です。

 

ハイドロキノンは、メラニン色素に作用するチロシナーゼ酵素の化学構造によくにているので、チロシナーゼの代わりにメラノサイトに取り込まれることで、メラニンが合成されるのを阻害します。

 

また、漂白作用もあるのでシミだけでなく、毛穴の黒ずみを消したり、地肌を白くする作用もあります。肝斑や表面がなめらかなシミに効果があると言われています。

 

シミ予防に注目のシムホワイト377
メラニンの発生を抑制して、シミをできにくくする成分として、ポピュラーなのがコウジ酸でしょう。そのコウジ酸の20倍以上の効果が期待できるのがシムホワイト377です。

 

シムホワイト377には できてしまったシミを薄くする作用もあります。肌への刺激も極わずかなので注目されている美白成分です。

 

ビーグレンのホワイトクリームEX はこのハイドロキノンとシムホワイト377を配合、浸透テクノロジーで直接メラニンに働きます。さらっとした乳液のようなつけ心地です。すぐに肌に浸透していくのがわかります。

 

ビーグレンの美白化粧品は、独自の浸透テクノロジーでシミの原因となる肌の奥に美白成分を確実に届け、肌の若返りをサポートします

美白成分を確実に肌に届けるビーグレンの美白化粧品記事一覧

ビーグレンの浸透するコスメトライアル、プレゼント付
ビタミンCビタミンCは大変こわれやすく、不安定です。サプリメント等で補給し続けるのも良いですが、ビタミンCは体内に蓄えることが出来ず、沢山摂っても排出されてしまうことを考慮しましょう。また、天然のビタミンCにくらべ、吸収率も落ちるので、食事で積極的にビタミンCを含む食品を摂ることが良いと思います。ビタミンC誘導体(リン酸ビタミンC等)ビタミンCは水溶性なので、スキンケア化粧品に配合されていても、そ...